南部の戦績を訪ねる

沖縄の平和を祈る場所

日本最大の地上戦が行われた沖縄には、今なお様々な戦跡が各地に点在。中でも、陸軍病院などの看護活動に動員された女子学徒隊の慰霊碑は有名で、その近くには平和祈念館もあります。学徒隊に関する資料展示や戦争の悲惨さを分かりやすく伝えており、戦争体験者が年々少なくなる中、若い世代の人たちに、さらに平和への思いを未来へつないでいます。ぜひ足を運んでほしい場所です。他にも、司令部基地や旧陸軍病院壕跡などもあり、沖縄の歴史や生活などをガイドの方が丁寧に説明してくれますよ。事前予約が必要で、受付ではヘルメットと懐中電灯を渡されます。当時の状況を再現しており、服も多少汚れますが、日本人なら一度は訪れたい場所ですね。

趣きの異なる南部戦跡

沖縄の世界遺産とは全く趣の異なる「南部戦跡」は、教科書では分からない沖縄の歴史が学べます。また、女子学徒隊の慰霊碑がある公園の所々に配置された石碑には穏やかな雰囲気もあり、当時戦争が激しかったとは思えないです。慰霊碑の献花台の奥には実際に使われた防空壕もあります。献花して黙祷する人も多く、千羽鶴も全国から寄せられて、多くの人が訪れているのが一目で分かりますね。病院壕のジオラマや元学徒生存者の証言VTRも流れ、実際の看護要員としての貴重なお話も聞けます。すぐ近くにはレストランもあり、見学後はお食事もできます。お土産コーナーもあるので、お帰りの際に寄ってみるのも良いと思います。平和が当たり前の日々にきっと感謝できますよ。

久米島は沖縄本島から約100キロメートル離れています。本島との移動は船でも可能ですが時間が掛ります。そこで飛行機なら本島から約30分なので、久米島のツアーをするなら飛行機を利用するのがベストです